優良出会い系サイトを使うとき、これは気をつけなければと言うことを教えられました。
それは、相手募集の投稿です。
「お金が欲しい」
「援助して!」
「サポートいてくれる人」
こういった投稿をしてはいけないようです。
とても厳しい規約があり、投稿するとアカウントを停止処分になってしまうと言われました。
なんでも、優良出会い系サイトの経営者が逮捕されてしまった過去があるようです。
そのため、取り締まりがとても厳しくなっているようです。
「だから、『生活に不安を抱えた主婦の私を、食事で癒やしてくれる方と出会いたいと思っています』と書き込むようにすればいいの。
こうすることで、相手の方にも理解されるようです。

 

 友人からデート援の方法を聞きました。
知り合って、愛人契約のような形で継続してもらえたら最高です。
愛人契約のように定期パパが欲しい私にとっては、そうすれば定期的な収入です。
別居中の生活を安定させられます。
不安も払拭できるのです。
友人から教えてもらったパパ活サイトに登録、パパ募集を始めました。
優秀な出会い系サイト、投稿しても大量のメールが届きません。
迷惑メールも全くありません。
すごく助かります。
安心感がいっぱいなのが、よくわかりました。
心置きなく募集を続けられます。

 

 投稿は頻繁に繰り返しました。
その結果が出てきたのです。
会ってみたいと、メールをくれた男性が現れました。
ハッピーメールでメールを送ってくれたのが、個人投資家の55歳の方でした。
「最初はお茶をしたいと思ってて、時間を作ってもらえるかな?」
こう誘われました。
パートが終わった後で大丈夫だったため、待ち合わせを決めました。
すごいドキドキです。
初めてのパパなのです。
食事に誘ってもらえるかどうかはわかりません。
でも期待する気持ちは、とても大きくなっていました。